Archive for the ‘活動報告’ Category

Report_岩切どろんこ保育園

水曜日, 9月 21st, 2016

14718697_1069891116393122_3344831609840659310_n 14671225_1069891033059797_5731117267620353657_n

14606413_1069891026393131_7715324357200645374_n 14721618_1069891029726464_8362077671159742281_n

【 9月21日(水)「おもちゃ箱」 岩切どろんこ保育園】
9月21日(水)、岩切どろんこ保育園にて「おはようシアター☆おもちゃ箱」を上演してきました!
まず、園を訪れた時点で、この園の園庭の凄さに度肝を抜かれました。
大人でも登るのには一苦労しそうな小高い山と、その上に吊り橋がかかっていて、そこを当たり前のように駆け回っている子ども達の姿がありました(中には裸足の子も!)。

そんな元気いっぱいのお友達の沢山いる岩切どろんこ保育園、上演が始まるととても素直な反応を見せ、キラキラした眼で食い入るように見てくれていました。
また、園庭には畑もあってそこでは野菜が栽培されていたこともあって、子ども達にとって普段から馴染みの深い存在であった畑に対する興味が「おおきなたね」の際に遺憾なく発揮されておりました。
風船が出てきた後でも、畑のことが気になって仕方のない子が沢山いて、しかしその興味の持ち方は、物珍しいものに対して寄って行く、というようなものというよりも、「ここの畑はどんななんだろう」という好奇心からのものだったようで、一度近くに寄ってどんなものかを確認すると「へぇー」という表情になって驚くほどあっさりと元の場所へ戻ってゆきました。
畑がある、ということが当たり前のところだからこその反応なのかなと感じました。

そして、上演が終わると間を置かずに再び園庭で元気いっぱいに駆け回っておりました。
そんなとっても素直で元気な子ども達に、沢山のエネルギーをもらえた実施でした。
本当に、ありがとうございました!(横山)

(文化庁平成28年度文化芸術による子供の育成事業-芸術家派遣事業-〈東日本震災復興支援対応〉)

Report_ニチイキッズあらい保育園

月曜日, 9月 12th, 2016

14479538_1051443368237897_2835696707689017359_n 14479638_1051443378237896_1254296453958297418_n

【 9月12日(月)「おはようシアター☆おもちゃ箱」 仙台市ニチイキッズあらい保育園 】

9月12日にニチイキッズあらい保育園で「おはようシアター☆おもちゃ箱」を上演しました。

今年開所したばかりのは園舎は、どこもかしこもぴかぴかでした。みんなでお芝居を観るのははじめてとのことで、緊張したり少し泣いちゃったりする子もいるかな?と思いましたが、最初から最後まで、みんな楽しそうに観てくれていました。
うしろの方で観ていた0歳児さんも、音楽に体を揺らしたり、一生懸命手遊びをしてくれていたそうです。

写真は毎週通りかかる田んぼです。少し前まで青空に青い稲だったのに、すっかり黄色の稲穂達。子ども達も、毎日こうしてすくすく育って変化を見せているんだなあと思うと、その一コマとして一緒に楽しい時間を過ごせたことを嬉しく思います!

川熊

(文化庁平成28年度文化芸術による子供の育成事業-芸術家派遣事業-〈東日本震災復興支援対応〉)

Report_小田原保育園

月曜日, 8月 22nd, 2016

14611100_1069874123061488_818837610147175737_n 14721762_1069873896394844_3020940855091565967_n

14695376_1069873899728177_4737817791298508685_n 14724524_1069873843061516_882963662420052075_n

【 8月22日(月)「おもちゃ箱」 小田原保育園】
8月22日(月)に、小田原保育所にて「おはようシアター☆おもちゃ箱」を上演してきました。
この日の午後には台風の予報も出ていたため、前日まではどうなることかと不安に思っておりましたが、幸いなことに午前中はそんな予報もなんのそので晴れてくれて無事に上演することができました!

小田原保育園のお友達は本当にリアクションが丁寧で、一つひとつのやりとりを楽しみながらとても密度の濃い時間を過ごさせてもらえました。
特に表情豊かな子が多く、演者の表情と子どもの表情とでコミュニケーションが行なわれるような瞬間が何度も見られたのが印象的でした。

また、物語へののめりこみ方も非常に素敵で、「おおきなたね」の際には出てきた芽の数と大人の数を照らし合わせて先の展開を予測している子もいれば、「みんなの力を合わせなきゃダメだよ!」とアドバイスをしてくれる子もいたりしました。

違う年齢の子同士の仲もとてもよく、一体感のある反応を何度も見せてくれて、やっているこちらも楽しくて仕方がありませんでした。
また是非一緒に遊びたい!そんな気持ちにさせてくれる素敵なお友達でした。(横山)

(文化庁平成28年度文化芸術による子供の育成事業-芸術家派遣事業-〈東日本震災復興支援対応〉)

Report_いずみ保育園

金曜日, 8月 19th, 2016

14045966_1021101794605388_3526226672933786946_n 14079972_1021102317938669_656571549359742570_n

14034870_1021102654605302_381941696202510190_n

【8月19日いずみ保育園「おもちゃ箱」上演】

8月19日、泉中央駅近くにあるいずみ保育園で「おはようシアター☆おもちゃ箱」を上演しました。
お子さんたちはお芝居を観るのはほぼ初めて。
始めはぎゅぎゅーっと固まって、緊張した面持ちでしたが、
プログラムが進むにつれ、「おもちゃ箱」の世界に入り込んでいくのがよく分かりました。
真似っこを楽しんだり、いっぱいお返事してくれたり、その先の物語が心配で泣いちゃう子も。
お子さんそれぞれの反応がとっても愛おしい。
普段とはちょっと違う子どもたちの様子に先生方は驚かれていたようです。
帰り際、年長さんたちから「また来てね♡」のラブコールが。
とっても嬉しい!
また会いましょうね。いずみ保育園のみなさん(^0^)/
(なつこ)

(文化庁平成28年度文化芸術による子供の育成事業-芸術家派遣事業-〈東日本震災復興支援対応〉)

Report_仙台保育園

火曜日, 2月 9th, 2016

12717436_912733315442237_92354056180085542_n 12654480_912733328775569_8712857481236181373_n

【「三匹のかわいいオオカミ」上演 2/9仙台保育園】

仙台の歴史を感じる町にある仙台保育園で2月9日、「三匹のかわいいオオカミ」を上演しました。約60のお子さんたちにご覧いただきました。

116人もの子どもたちがぎゅうぎゅうと集まって、熱気あふれる上演になりました。

2歳から4歳までの子どもたちがどんどんお話にのめり込んでいくのを5歳さんが後ろから見守る感じで観てくれました。

オオカミたちがおかあさんを思い出して泣くシーンでは、一緒にウルウルするお子さんがいたという先生のお話がありました。共感することや想像すること。演劇体験でして欲しいと思っていますが、お子さんの様子を聞いて、メンバー一同感激でした。

 

みかさ

(文化庁平成27年度文化芸術による子供の育成事業-芸術家派遣事業-〈東日本震災復興支援対応〉)

Report_アスク愛子保育園

火曜日, 2月 2nd, 2016

【「三匹のかわいいオオカミ」上演 2/2 アスク愛子保育園】

12647314_910448835670685_1364165933695175097_n 12645095_910448825670686_358948640299308141_n

愛子駅近くにあるアスク愛子保育園で2月2日、「三匹のかわいいオオカミ」を上演。116人のお子さんたちにご覧いただきました。

116人もの子どもたちがぎゅうぎゅうと集まって、熱気あふれる上演になりました。

「オオカミ」という言葉だけで、怖がる小さなお子さんも。かわいいオオカミたちが登場して歌ったり踊ったりするうちに、楽しくなってくれた様子。

年長さんたちの大きなリアクションは、私たちもびっくりするほどでした。

先生の「みんな一生懸命で、お話にのめり込み、そんな子どもたちの表情を見ているだけで幸せでした。」という言葉が印象的でした。

 

なつこ

(文化庁平成27年度文化芸術による子供の育成事業-芸術家派遣事業-〈東日本震災復興支援対応〉)

Report_根白石児童館

木曜日, 1月 14th, 2016

015 029

 

2016年1月14日(木)実施

012シアター@根白石児童館

 

深々と雪が降っていたので先生が「3組くらいかも・・・」と心配していましたが

12組の親子さんが集まってくれました!

先生が電話がけなど一生懸命お誘いしてくださったおかげですね。

 

日ごろのあたたかな児童館の雰囲気が出ていて、先生も親子さんもノリノリで参加してくれました。演目中の「へびだえき」についた途端、お母さんたちの反応のすばやいこと!

お母さんが楽しんでいる姿を見て、自然とお子さんも安心してどんどん輪の中に出てきてくれました。

4歳のおねえちゃんも参加してくれましたが、みんなを盛り上げてくれとっても素敵な雰囲気でしたね。

 

あるお母さんからは「(こどもが)怖がったらどうしようと不安だったけど、とっても楽しそうに参加できてわたしも楽しかったです。」

先生からは「すっごい楽しかった!笑顔いっぱいでした。おはようシアターの皆さんもにこにこで元気をもらいました。」

ととても嬉しい感想を頂きました。

012シアターに出てくるへびさんや温泉の元(すっぺらぽん)が気になるお母さんもたくさんいらっしゃったので、次回は【あそび+作るワークショップ】も楽しそうですね。

「歌のCD化も待ってます!」のあやこ先生の言葉にますます私たちの夢と可能性が広がる実施となりました。

 

おはようシアターも元気と笑顔をいっぱい頂きました。

根白石のみなさん、また一緒にあそびましょうね~!

 

まめ

 

(文化庁平成27年度文化芸術による子供の育成事業-芸術家派遣事業-〈東日本震災復興支援対応〉)

 

Report_富沢わかば保育園

金曜日, 1月 8th, 2016

12573154_900653623316873_7109058284781908720_n

2016年初めのおはようシアターは、1/8仙台市内の富沢わかば保育園での「おはようシアター☆おもちゃ箱」でした。

70名のお子さんにお届けしました。

子どもたちは初め緊張した面持ちでしたが、途中からほぐれてきた様子で、元気いっぱい参加してくれました。

先生方が一緒に楽しんでくださると同時に、お子さんの表情をよく見て「0歳児が目を動かして見ていました」などと教えてくださいました。

あたたかい先生方のまなざしに支えられて、シアターの日常とは少し違う世界を楽しんでいただけたようです。

富沢わかば保育園のみなさま、ありがとうございました。

 

みかさ

(文化庁平成27年度文化芸術による子供の育成事業-芸術家派遣事業-〈東日本震災復興支援対応〉)

Report_保育園ソレイユ

土曜日, 12月 26th, 2015

968972_559998834152808_3240395136953278341_n

1422353_559999097486115_1618002060732729555_n 1924307_559998967486128_7684451454423424698_n

 

12月26日(土)

012シアター @保育園ソレイユ

 

2015年最後の公演は久しぶりの012シアター

実はおはようメンバーは012シアターがとりわけ大好きで、わたしたち自身もなんだかにこにこ笑っちゃうようなプログラムなのです。

記念すべき最後を飾らせてもらったのは、保育園ソレイユの皆さん。

とにかく先生たちがあははあははと元気で、こちらも自然と笑顔になっちゃいます。

 

今日は保護者の方やおじいちゃんおばあちゃんも一緒に参加する会でした。

なので周りには可愛いわが子の瞬間を逃さまいとカメラやビデオを構えるお父さんやおじいちゃんにわたしたちもどきどき!

 

012シアターが始まると親子さんたちがそれぞれのペースでのりのりで参加してくれました。

中でもおにいちゃんおねえちゃんたちが場を盛り上げてくれ、みんなが輪の中に自然に入れるような空気でした。

「ヘビダンス」や「しんぱいごむようたいそう」など一緒に体を動かすあそびはもちろんのこと、山へてくてく歩いていくリズムあそびも、一緒に参加してくれるお子さんが多くとっても楽しかったですね。

最後のこもりうたのときは、小さな愛の物語(!?)もあり、みんなにこにこどきどきでした。

 

公演終了後はソレイユの皆さんによるダンスを披露してくださいました♪

かわいかった~!!

 

振り返りは先生たちがお弁当を準備してくれ、ゆっくり食べながらお話できました。

先生方からは

「おはなしあそびのヒントをたくさんもらいました!」

「谷川俊太郎の詩の世界観を楽しめました。」

「子どもたちが人見知りの子も多く心配したけど親子で安心してのびのび参加していて嬉しかった。」

など嬉しいお言葉をたくさん頂きました。

 

ナイスなチームワークで日々笑いの絶えない先生方の雰囲気素敵でした。

また一緒に遊びましょうね!!

 

まめ

Report_おはようシアター☆クリスマス

土曜日, 12月 12th, 2015

1 3 4 5 6 7

12月12日(土)

おはようシアター自主公演「おはようシアター☆クリスマス」

 

物語はとあるおかあさんと女の子のクリスマスイヴの夜から始まります。

おかあさんは女の子のために小さなクリスマスツリーをプレゼントしました。

ツリーには大きな星が1つだけ飾られています。

おかあさんは女の子をしっかり抱きしめたあと仕事にでかけました。

女の子はとっても嬉しくて星を見つめてはうっとりしていましたが、

ひとりぼっちでお留守番している自分と重なったのかちょっぴりさみしそうです。

そこであることをひらめきます。

おりがみでツリーの飾りを作りお星さまに仲間を作ってあげることでした。

 

ちょっぴり切ない始まりだったかもしれません。

集まった皆さんはとてもあたたかい表情で物語の行方を見守ってくださいました。

小さなこどもたちは舞台のこたつの近くまで歩みより、時おり女の子に話しかけながら観てくれました。

2

お星さまの魔法でやってきたおりがみの仲間たちがとっても愛らしくて素敵でしたね!

黒い帽子がかっこいいマジシャンのかんかん

トナカイになりそこねたけど元気で陽気な犬のポチ

雪だるまの国からやってきたお茶目なぺこり

こたつで静かに見守る無口でニヒルなやっこさん忍者

全てを包み込むような母そのものの愛でほほ笑む星の精

 

ごきげんな手あそびや不思議なたいそう

おりがみの仲間たちに負けないくらいの魅力的な笑顔全快でお客さんたちもいっぱい遊んでくれました。

10

今回の公演では、ツリーが大きくなったり、雪が降ってきたり、光と色が鮮やかに変化したりと、劇場ならではの仕掛けも楽しみの1つでしたね。

普段上演している保育所、幼稚園、児童館から劇場へ。

親子さんたちに普段の場所からちょこっと冒険して劇場へ来てもらいたいなという思いもあり劇場での公演が実現しました。

これからも親子さんや子どもたちが劇場で素敵な時間を過ごせる機会が増えたらいいですね。

8 9

公演終了後は、いつものおはようシアターらしく、出演者とおきゃくさんたちがゆっくりお話したり一緒に遊んだりする時間でした。

子どもたちとこたつの中に入っておえかきしたりおはなししたりも楽しかったですね。

幼稚園のおともだちは、「ツリーにかざってね」とたくさん可愛いおりがみを一緒に折ってくれました。

 

今回の劇場公演にあたり、パトナシアターの皆さんや照明や音響、舞台監督を手掛けてくださった心強い皆さんのお力添えの元、実施することができました。

携わってくださった皆さんに大感謝です。

14

そして遊びに来てくれた皆さん。

物語を一緒に作ってくれてありがとうございました!

 

皆々様に素敵なクリスマスが訪れますように☆

 

 

♪きみのねむるまちまでとんでいくよ

真夜中のひみつのプレゼント

それはゆめのたね

12 13

 

まめ